Myshaブログ

毎日がスペシャル♡ 徒然なるままに したためていきまーす

歌声に乗った少年

*今更アップシリーズ その3

 

お正月、もうひとつ

ずっとみたかった映画をみました

 

m.youtube.com

 

 

イスラエルによる封鎖強化で

人や物の出入が厳しく制限され

人々は「天井のない監獄」と呼ぶ

 

それがパレスチナガザ地区です

 

そんな状況下で

青年が歌で

さまざまなものを背負い

そして夢を叶えていく実話

 

 

特に印象的だったシーン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おじさん「君はなぜ歌う?」

 

少年「ヌール(病気にかかってしまった主人公のお姉ちゃん)を救うため」

 

おじさん「歌うことに意義がある」

 

少年「よくわからない」

 

おじさん「君の声を一体化させるんだ。情熱や魂と」

 

少年「それで新しい腎臓が買える?」

 

おじさん「。。。。。」

 

おじさん「夢など虚しいと 誰にも言わせるな。いいね?

最後に残るのは夢だけだ」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

こんなやり取りがあって(多少ことばちがうかも)

ことばに詰まるおじさんの表情に

辛さが滲み出ていて

 

現実を物語る おじさんと少年の

このシーンが印象深いです

(このおじさんは少年の才能を見抜いてサポートしてくれるおじさん!)

 

 

オーディション番組「アラブアイドル」に出場して、

2013年 見事勝ち抜き

アラブアイドルとなったムハンマド・アッサーフの

実際の動画を上にアップしました

 

 

歌手を続けながら

国連のパレスチナ難民を助ける機関で

大使も務められ、

いまも平和活動を続けているそう

 

 

彼がアラブアイドルとなった瞬間

熱狂的に喜ぶパレスチナ人の民衆?

の様子も実際の映像で使われています。

 

 

すべてが

平和ボケした私に

改めて ゲンコツを

食らわせてくれる

そんな映画でした

 

 

まだ観てない

という方には

ぜひとも 観て

知って欲しい映画です

 

 

これまた、

観て!としか言えない。。

 

 

 

最後に サイトに掲載されていた

アサド監督のお話を。

 

アッサーフの物語には2つの段階があります。希望と不屈の物語、そして成功の物語です。パレスチナではこの60年間、敗北の物語しかありません。勝利の物語もなければ、サッカーで勝てるチームもなく、1960年代の革命も失敗に終わりました。しかし今、我々パレスチナ人が待ちに待った、成功の物語を手にしたのです。興味深いのは、アッサーフの物語は、勝利の物語ということなのです。

 

 

誰しも様々な障壁を乗り越えて生きている、その集約的なもので、一人の人間の成功体験ではあるけど、たくさんの人が喜びを分かち合うことができる。あの優勝したときの反応や、その時にみんなが感じた喜びは、ものすごく強烈でリアルなものなので、実際の記録映像を使いました。

 

アッサーフはアートを通じて自分を表現するという意味で自分に近いし、普通に人生を楽しみたいけれど、こういう状況下ではパレスチナの声を代表せざるをえないという点でも僕と同じです。

ライオンキング

f:id:mysha03:20180311194355j:image

 

*今更アップシリーズ その2

(下書きにしないですぐアップしろよな。って話)

 

お正月やすみ3日目は

人生初の劇団四季に足を運んでみました

 

映画とか 舞台は

一人で行くのが好みです

 

高揚感を

誰にも伝えられないのは切ないけど

帰りの足取り

たぶん私

地上から1センチは浮いてたね

 

 

自然界を支配するバランス、

サークルオブライフ (Circle of life) 

が大事だって父さんが。

  

「私は必要な時にだけ勇敢になる。勇敢さとは、自ら困難を求めることではない」

って父さんが。

 

 

f:id:mysha03:20180109231505j:image

 

f:id:mysha03:20180109231535j:image

 

シンバには

母性本能を刺激され

 

素晴らしいアンサンブルに

心おどらされ

 

生の波動?が

ビシバシ伝わり

 

ただただ

感情が揺さぶられました

 

気持ちが高揚して

思わず ブラボー!

 

つって

 

出演者のみなさまに

届いていますように

 

 

素晴らしい舞台を

ありがとうございます。。☆

 

 

 

最後のジェダイ

*お正月のつらつら日記

今更アップシリーズ その1

 

f:id:mysha03:20180103125154j:image

 

2018年のお正月は

社会人になって

初めて三が日お休みだったのです!

 

仕事も休みっ

スタジオも休みっ

 

鼻血ぶーー!なくらい嬉しくて

興奮して三が日を過ごしました

 

元旦は いつものスタバに行き読書はじめ

 

その後

実家に行き 御節をご馳走になり♡

 

2日は

2年楽しみにして待った

スターウオーズを観に映画館へ。。♡

 

 

んっはーーー!

 

 

スターウオーズ、実は

ただの宇宙戦隊ものだと思っていて

数年前まで全く興味なかったんだわ

 

あるとき

イヤイヤ付き合わされて観てみたら

まんまとハマった私

 

親子愛の描き方や

人の奥深いところ

正義だけを語らず

それぞれのキャラクターも際立っていて

 

どのシリーズも大好き

 

 

深し。

 

人は みんな光と闇を併せもっていて

 

光だけみていても 痛い目みるし

大事なことに気づかない

 

闇にのまれては 苦しいだけ

 

大事なのはバランスだって

ジェダイたちも言ってましたわ

 

世の中 ただしいことばかりではないけど

それでも どちらを視ていくかは

じぶん次第

 

 

今回は

ラストカットに鷲掴みされました

奴隷のように働かされている

名もなきあの男の子が

夜空の光を見上げてるとこ

 

 

 

 

 

「素晴らしい。すべて間違っている。」

 

このセリフがだいすき

 

 

ルーク。。。!!!

 

 

ネタバレになるので

多くは語れませんが

子供ができたら

一緒に観たい映画 top3

 

 

DVDボックスが欲しい!!!

 

こんばんは

体調 ようやく回復に向かってます!

 

お騒がせしたm(._.)m

 

スマホみるのもしんどくて

返信とか遅くなってごめんね

 

大阪のホテルで少しゆっくりできて

本当に救われました

 

家より

ホテルの方がゆっくり休めるという事実発覚

 

 

 

そういえば

珍しく 食欲がまったくなかったMysha

 

 

ミホ「ごはんたべれてるのー?」

 

私「それがさ、何にも食べたくなくて 義務で小さいお皿に一握りの白米と梅干し食べて薬飲んでる」

 

ミホ「えー! 私さ、マイーシャちゃんが亡くなる時は ごはん食べれなくなる時だろうなって思ってて。。。」

(ミホちゃん風に読んでね)

 

私「え! 。。。でもおかげで 制服のジャケットボタンがしまるようになったさ。今までどんだけ食べてたんだろうね」

 

ミホ「え〜 そんなことより マイーシャちゃんは食べれなくなる時が亡くなる時だろうなって思ってたんだけど。。。」

(ミホちゃん風に読んでね)

 

 

 

 

このミホちゃんがくれたコメント

おもしろくない?

 

思い返すほど面白くて可笑しくて

一人で吹き出しちゃった

 

このあと 自分がなんて返答したか

記憶がない  笑

 

ミホちゃんの中で

私は食べキャラなのでしょう

 

私が死ぬ時は 食べなくなった時って

一体どんな時に考えてくれたんだろうとか

考えてみればみるほど 笑いが込み上げてくるw

 

 

 

そんなわけで

Dinaを拝んだあとは 熱も下がり

徐々に食欲も出てきました!

 

 

元気があれば

なんでも出来る。

って本当にそうだ。

 

 

 

みなさまも

どうかご自愛ください。

 

 

 

f:id:mysha03:20180305175149j:image

おーさか。

日が完全に暮れる前の空も好き。

 

DINA

かえってきちゃった


帰りたくなくて泣いたのは
オトナになってから3度目です


一度目は
当時 横浜マリノスの松田を追いかけていった帰り道@横浜

 

二度目は
初めて海外へ一人旅してチャールズに恋した帰り道@南国

 

そして三度目は
DINAがいる土地から離れたくなくて、涙とまらず@大阪

 

 

DINAが
オリエンタルダンス界の女王でいてくれたから
今があるんだ  とか

 

エジプトで踊るって
日本で踊るよりも
大変な時代もあったろうなって

 

いろんな想いが巡るほど(勝手に)

DINAのカッコよくて美しい生き様がマジマジとヒシヒシと伝わる気がして

 

 

なみだで前が見えないよ状態でした

 


30年踊り続けてこられたDINAのダンスは
もはや


あの笑顔に全部が詰まってました


あの笑顔が全部物語ってました


あの笑顔に全部詰まってたの


あの笑顔にすべてが滲み出てたさ


あの笑顔一つで全部鷲掴みにされちゃったよ

 


笑顔だけじゃない
あのとろける表情ったらさ、、、

 

DINAの踊りで
世界は平和になるんじゃないだろうか


DINAを動画で幾度なく観てましたが、、


動画じゃ伝わらない
何かがある。。。


生は、、、すごい。。。。!!!!!!!
(あぁ やっぱり陳腐になる、、)

 

そして 30年ものあいだ

スターであり続けて

進化し続けているすごさ

 


もう
何が素晴らしいかは
感じるものだから
やっぱり言葉にできません


ていうかしたくないのかも


私の稚拙な言葉なんかで
本当の素晴らしさを壊せない。。。

 

でも とりあえずでもいいから伝えたい!!!


ミテ!
感じて!


なんです!!!

 

滲み出ちゃってるんだよーー

 


ミホちゃんも同じこと感じていたようで
ショーの帰りのホテルロビーで
かんじた想いを
いつの間にか声を大にして
(具合悪かったくせに)
はずかしげもなくお話していました
時折我に返って トーン下げるんだけど
いつの間にかまたおっきくなっちゃうんだよね


なんども
ロビーに木霊した
DINAの名前

 

大好き

 

 


どうしよう

2018年そうそう


2月のメルセデスショーから始まり
DINAに至っては もはや神様で


こんなに 素晴らしい踊りを目の当たりにしてしまうなんて


え、私もうすぐ死んじゃうのかな

 

おとうさん おかあさん
人間に産んでくれてありがとう


この混沌とした時代に
オリエンタルダンスと巡りあえてよかった

ありがとうございます

 

だめだ
支離滅裂になってきた

 

ともかく!
今日は もう寝よう。
スクワットして。

 

 

 

 

あともういっこ

 

全部で8曲? 2部を

すべてお一人で踊っていたのだけど

 

一曲踊るごとに

さらにパワーアップしていて

 

最後には DINA すごいことに

もう私、メロメロ

 

 

そして4着?5着?の早着替え

 

 

 

どこが一番ブワッと来たポイントかってきかれたら、私は

 

曲をスタートさせてから 着替えるため

舞台から 走って去る姿でした

 

 

本当にかっこいいの

ごめんー

風邪こじらせ さらに胃腸炎のダブルで

ちょっとダウンしてます。

 

連絡くれた友人などなど

ちょっと返信お待ちください>_<

 

生徒さんも

マイーシャ宛にくれる連絡は

少しだけ猶予いただけると幸いです。

 

ごめんなさい。

備忘録

m.youtube.com

Mayadyさんが踊るエンタオムリ

(この時、東京に身重だったマキちゃんと観に行ったの。あの感動は今でも忘れられません。)

 

 

2017夏、

MayadyさんのWSへ参加したときのこと。

 

 

『私とあなた達の違いは全力かそうじゃないか。ただそれだけ』

 

。。。。。!

 

 

そうおっしゃったの

 

一瞬ガビーーーンってなりました

 

いま すごく全力なのに、、、なぜ

 

 

でも必死に振付を覚えて踊る。とかさ

ていうかさ、

そんなのは当たり前だわよね。。。

 

 

技術は きちんと練習すれば

いつかはきちんとついてきてくれる(と信じたい!)

 

 

マイヤーディさんが あの場所で

教えてくれたことは、、、

 

正しく踊ることが正解ではない

完璧に踊ることが全てでもない

 

全力で感情をさらけ出すこと

全力で音と向き合うこと

 

(って解釈しました)

 

あの一言だけみると

とても厳しい一言だけど

とても的を得ていて

おっきな愛を感じたんだ

 

 

マイヤーディさんのWS

2018年は

いつあるんだろ?☆

 

一年に一回は

必ず学びに行くと決めています♡

 

 

 

いつか 大好きで素晴らしい音楽を

からだひとつで奏でられるようになることが目標です。

内緒だよ

 

どんなダンサーになりたいの?

って言われていつも答えられませんでした。

 

相手の求めてるであろう答えを

探して答えたりしたこともありました。

ごめんなさい

 

今も正直よくわからないけど。。。

 

ひとつ言えることは

音楽と いっこになりたい

 

おどりたい

 

それだけ

 

 

 

そして また 最初に戻るんだわ

おどるためには

やっぱりおどれる技術がないと

からだで奏でられないという

楽しむこともできないという

この現実に

 

 

ぼーーーん

 

 

 

 

あ  突然ですが。。

myshaから

Myshaになりました♡

 

理由は Myshaと書いてくださる方が多いから。。

特に拘りがないのです。笑